読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心をうつ音楽、とは。

元音大生の奮闘リハビリボイストレーニング

【映画】出不精の私がどうしても映画館で観たいミュージカル映画【ラ・ラ・ランド】

こんにちは、ツキコです。

 

2017年2月24日。今日からいよいよ、あの映画が公開されますね!

その名も……「ラ・ラ・ランド」!

 

聞くところによると、あのタイタニックを越える、と言われている人気っぷりのようで、日本メディアでも大々的に紹介されています。

皆さんも、一度は何処かで目にしたんじゃないでしょうか?

史上最多のノミネートを誇る、今一番アツイミュージカル映画です。

 

興奮冷めやらぬ、と書いている私は、……仕事でまだ観に行けていないのですが…

必ず映画館で観る!と決めています!

観に行った際はまた改めてレビューしますね♪

 

というわけで、今日は前情報からラ・ラ・ランドの気になるポイントを纏めてみたいと思います!

(私が観に行くときのための前準備とも言う)

 

〇ララランドのあらすじ〇

女優になることを夢見るミア(エマ・ストーン)は、酒場で偶然見掛けたセバスチャン(ライアン・ゴズリング)の演奏に心を奪われます。

ジャズピアニストになることを夢見る無名のセバスチャンは、最初こそそんなミアを邪険にしますが、再会し共に過ごす内、彼女に惹かれていきます。

夢を追い掛ける二人の若者は、そのまま恋人同士に。

…そんな幸せなあるとき、セバスチャンが生活の為に始めたバンドが一躍人気になります。次第に夢を追い掛けるのを止め、安定した仕事を選ぶセバスチャン。

そんな彼を認められず、ショックを受けるミア。

二人はそのまますれ違ってしまうのか――?

 

はああ絶対みたーい!!!

 

元々恋愛映画とミュージカル映画が大好きな私には、絶対に外せないコラボなわけです。

ではでは、そんなラ・ラ・ランドが大絶賛な理由を纏めてみましょう!

 

1. 夢に溢れた舞台、ロサンゼルス

夢と希望を抱えて乗り込む、挑戦者たちの行く先…ロサンゼルス。(誇張)

夢を追い掛ける若者、という登場人物の為の舞台に、これほどぴったりな場所が他にあるでしょうか。

次の項目にも少し被りますが、ロサンゼルス、という場所が視聴者に抱かせる「わくわく感」は、この映画の魅力の一つだと思います。

 

2. 美しい映像

日本から出たことがない私のような人間は勿論、アメリカ本土に住む方の心にも突き刺さる、映像の美しさ。

メディアでは、実際ロサンゼルスに住んでいる方が「日常風景をあんなに美しく撮れるなんて天才だ」とおっしゃっていました。

いちばん美しい時間帯の空をバックに踊るミアとセバスチャンは、最早一種の絵画のようでしょう。

 

3. 何といっても劇中の音楽!

ラ・ラ・ランドでは、なんとワンカットでミュージカルシーンを撮っているそうです!

ミュージカル映画は音楽だけ別撮りで撮る映画が主流だった昔を思うと、その凄さが分かりますよね。

なんでも、「リアル」を追求したい、という思いで作り上げたんだとか。

映画の公開に合わせて、オリジナルのサウンドトラックも発売されるようですから、映画での感動を日常でも味わいたいあなたは是非。

きっと私も買います。(笑)

 

というわけで、(まだ観てないくせに)長々と語ってみましたが、観たい気持ちは高まってきましたか?

観ようかな~と思っているのにいつのまにかタイミングを見失ってしまう、私と似ている其処のあなた!

今回こそ、是非映画館でその感動を味わいましょう。

 

「観るもの全てが恋におちる、極上のミュージカル・エンターテインメント。」

(公式より)